今年の夏から秋をふり返る

数日前の土曜日の夕方、空は一面の鰯雲であった。火のように薄赤く染まった一面の空は、あたかもふるさとまで続くのかと思われるような広がりであった。家路を急ぎながらも幾度も幾度も振り仰ぎ、見入ってしまった。 今年の夏はことのほ...