大崎上島町 先輩移住者 森 ルイ さん

仕事: カフェ経営、クラシックバレエ教室主宰、Airbnbホスト など(起業)
趣味: クラシックバレエ、古民家リノベーション、海外旅行、写真 など

移住までの経緯を教えてください

2010年、11年半勤務した警視庁を退職し、ブライダルコーディネーターに転職する予定だったが、離婚することになり、退職と離婚で東京にいる必要がなくなったため、海外移住を考えたが、ワーキングホリデービザが使える年齢を過ぎていて、海外で仕事ができる何かがあるわけでもなく、語学留学するなら日本でベースとなる勉強をしてからの方が良いと思い、とりあえず日本に拠点を持つことにする。 東京で1ルームの家賃を払っていたら年間100万円、3年住んだら300万円。 そこで友人が移住した大崎上島が頭に思い浮かび、島なら300万円で古い家が買えるんじゃないか?と思いつき、「大崎上島町 空き家」を検索したら県の空き家バンクに1件だけ登録されていた築80年の古民家を見て「絶対いい家だ!」とピーンときたため、購入して単身Iターン移住。 広島にも、島暮らしにも特にこだわりはなかったが、良い家との出会いが移住の決め手となった。

フェア参加者にメッセージをお願いします

私が島に移住した10年前に比べ、スマホの普及やオンラインでできることの選択肢が広がり、情報の流れ方も変わり、若い世代で地方移住する人も増え、行政による移住者支援など以前に比べて移住するハードルがだいぶ低くなったと思います。 「移住」といっても切り口は色々あるし、ライフプランや求める者は人それぞれなので、どんな暮らしを求めているのか、何をしたいのか、自分のスキルで活かせるものは何かなどを考えてみると良いかもしれません。 移住はある程度の計画も必要だとは思いますが、やってみないとわからないこともあるし、行動したら次に繋がることもあるので気になる場所があれば行ってみたらいいと思います。 タイミングとか縁があっても行動しなければ繋がりませんからね。 いくらでも背中押しますよ(笑)