能登定住・交流機構は2013年1月に能登半島各地で活躍されている有志により設立された民間団体です。能登への人財誘致と能登ゼミサポートを大きな柱に活動を続けております。

事務局を担う(株)ぶなの森は、能登町定住促進協議会加賀市定住促進協議会加賀白山定住機構宝達志水町定住促進協議会の設立や事務局をサポートしており、石川県全域での移住サポートをさせていただいていますので、遠慮なくご相談ください。

電話やオンラインでの移住相談、現地訪問の際のサポート、仕事や住宅情報の収集や訪問同行、必要に応じて保育園や学校見学にも同行いたします。加賀市と宝達志水町にはぶなの森で管理している暮らし体験の家があり、仕事や家を探す際の拠点として活用いただいています。能登事務所の2階に泊っていただいたりもしています。

移住相談に対応させていただくのは、代表理事の高峰と事務局長の水上です。 高峰は(株)ぶなの森の代表であり、能登定住・交流機構の設立から一貫して関わっており、水上は東京から能登町に移住し、里山エリアの古民家に住んでいます。【高峰博保】

  • 海のそば

  • 山のそば

  • 島暮らし

  • 平 地

  • 温泉がある

  • 三大都市まで
    2時間以内

  • 地方中心都市
    (人口10万人以上)

  • 医療施設が
    整っている

  • 学校等教育施設が
    整っている

  • 受入れ団体がある
    (移住者の会等)

本日の移住コーディネータ①

高峰博保(たかみねひろやす)

(一社)能登定住・交流機構 代表理事

地域創生に関わって30年以上のエキスパート。人財誘致のための、大学ゼミ(能登ゼミ)や移住対応、地域創造のための、起業支援、エコツーリズムの企画実施など、様々なことを手掛けてきた地域の縁の下の力持ち的存在であり、移住者にとって、頼もしいメンター的存在。

趣味:山歩き

本日の移住コーディネータ②

水上志都(みずかみしづ)

 能登定住・交流機構 事務局

「東京じゃなくてもいいじゃん!」と思い始めた頃、高峰氏と知り合ったことをきっかけに、2015年に奥能登へ移住。 奥能登の好きなところは、山と海の絶妙なバランスと、人が少ないスカスカ具合。移住5年目、生活の目標は「好きなことを仕事にする!」

趣味:食べて寝ること