ふるさと暮らしセミナー – 認定NPO法人 ふるさと回帰支援センター

セミナー・出張相談会

【オンライン】安芸高田市・魅力的な人たちが紡ぐアートのような暮らしぶり ~「暮らしの美術館」を体感して10年後の暮らしを見つけよう~

20:00-20:45

【オンライン】安芸高田市・魅力的な人たちが紡ぐアートのような暮らしぶり ~「暮らしの美術館」を体感して10年後の暮らしを見つけよう~

開催時間 20:00-21:00

安芸高田市は、広島県のほぼ中央に位置する人口約 28,000 人の自然豊かな市です。戦国大名の毛利元就の本拠地として知られ、その居城でもある郡山城(こおりやまじょう)があった地でもあります。

安芸高田市には「暮らしのアート」がある。

その安芸高田市には、アートのような暮らしを営む人が大勢います。
糸つむぎをする「魔女さん」。
世界の珍しい種を 300 種類もとり寄せて、畑に植えて楽しんでいる夫婦。
セルフビルドで工房を建ててしまう陶芸作家さん。(その作家夫婦が作るカレーが神か!というくらい美味しい)。
日本で唯一の五右衛門風呂を作る工場。
家も心も暖まる薪ストーブをオーダーメイドで作る鉄工所。
文字盤の文字まで手作りの腕時計職人。
魅力的な人たちが紡ぐアートのような暮らしぶりが集まった、美術館のようなまちなのです。

「暮らし」を「美術館」のように体感しよう。

その美術館を体感すれば、10年先の魅力的な暮らしが視える、かもしれません。
さらに、安芸高田市はテレワークの場所が新設されていて、ワーケーションにもぴったり。

そんな安芸高田市の魅力や暮らしをお伝えするために、日本全国をくまなく歩いている「アースキューブジャパン」の中村功芳さんと、地域おこし協力隊OBで、安芸高田市観光協会の沖田さんの2名がオンラインセミナーに参加します。

全国で講演したり、46都道府県のまちを歩き、それぞれのまちの暮らしの魅力を物語にして廻ったりした、ストーリーメーカーの中村さんは、「安芸高田市は暮らしのアートがあり暮らしの美術館の様に楽しめます。」とコメントされています。 今回は、未来の暮らし、理想の暮らしについての話や、旅して夢を叶える方法、全国をみて魅力的だなと思った地域についてお話します。

旅好き、叶えたい夢がある方、ゲストハウスを開業したい方、魅力的な暮らし好き、糸つむぎ好き、種好き、カレー好き、手仕事好き、本好き、ものかきさん、将来五右衛門風呂や薪ストーブのある生活に憧れる人、腕時計をつくりたい人、写真好きなどなど、ぜひぜひご参加下さいませ。
たくさんのご参加お待ちしております!

イベント概要

日程 2020/11/25(水)
開催時間 20:00-20:45
開催場所 オンライン(zoom利用)

※注意※
・通話・通信料はご自身での負担となります。wifi環境でのご利用をお勧めします
・スマホ、タブレットはアプリのダウンロードが必要です
・パソコンからはマイク、カメラ、スピーカーが必要です
参加自治体・参加団体 主催:広島県、広島県交流・定住促進協議会、安芸高田市
共催:認定NPO法人ふるさと回帰支援センター
詳細 【タイムスケジュール】
20:00〜20:05 オープニングトーク
20:05〜20:35
①ゲストトーク1「未来の暮らしと理想の暮らしを叶える方法」
②ゲストトーク2「安芸高田市で活躍するローカルビジネス実践者の暮らし方」
③クロストーク「ローカルビジネス×安芸高田」
20:35〜20:45
④安芸高田市プレゼンツ「ターンズCafeイベントとモニターツアー」の紹介
20:45〜20:55
⑤Q&Aコーナー(みなさんからの質問をお受けします!)
20:55〜21:00 クロージングトーク・お知らせ

※時間・内容は変更になる場合もあります。

【トーク内容】
①ゲストトーク1「未来の暮らしと理想の暮らしを叶える方法」
全国47都道府県を渡り歩き、旅をするように仕事をしてきた中村さんから、
理想を現実にするための方法や、魅力的だと感じた街をご紹介!

②ゲストトーク2「安芸高田市で活躍するローカルビジネス実践者の暮らし方」
安芸高田市の観光地だけでなく、面白い活動をしている方も知り尽くしている、
観光協会の沖田政幸さんから、ローカルビジネス実践者とその暮らし方を紹介!

③クロストーク「ローカルビジネス×安芸高田」
これからのローカルビジネスの可能性やはじめ方、安芸高田市ではどんなビジネスを生み出すことができそうかや、
丁寧に暮らすという豊かさや美しさを対談形式でお届けします!

④安芸高田市プレゼンツ「ターンズCafeイベントとモニターツアー」の紹介
12月9日に東京ターンズにて、安芸高田市の「暮らしのアート・暮らしの美術館」についてトークイベントが開催されます!
ツアーの詳細やお申込み方法などを、こちらでお伝えします。

⑤Q&Aコーナー
ゲストの皆さんに直接質問をぶつけてみましょう。あなたが感じている不安や疑問、こんなことがしたい!といった夢や想いもぜひ聞かせてください。 ツアーについての質問も受け付けます!

【ゲスト紹介】

中村 功芳|なかむら あつよし

NPO 法人アースキューブジャパン代表理事。島まるごとユニバーシティ共同設立者。
古民 家活用、地域おこし協力隊のメンター、DMOやインバウンドに関する講演やセミナー等全国で活動している。
日本の地域や行政と連携、協働企画を行う。主催する「地域と生きるゲストハウス開業合宿」「地域で生業をつくる合宿」では、全国で開業した人が 120 名を超え、全国モデルになるまちづくりの拠点や生業を排出、ローカルビジネスの成功率が最も高いといわれる合宿をプロデュース。
自らも主体となり、地域活性化のため、空き家を活用してカフェやゲストハウス、地域ブランド開発の運営を始め、わずか3年で世界52カ国、3年間で120,000人以上が訪れる拠点をつくり、小さな空き家から地域に対する経済効果は5億円を超えた。この取り組みが注目され国内や海外からも取材を受け、オーライニッポン大賞2016年フレンドシップ賞、世界最大級の旅の祭典、ツーリズムEXPOジャパンにて2015 年観光庁長官からその取り組みを表彰される。
世界最大の旅行サイト「トリップアドバイザーの(Certificate of Excellence)」を3年連続受賞。

沖田政幸|おきた まさゆき

広島県広島市出身。2014 年から 3 年間岡山県美作市上山で棚田再生活動を行う NPO に 所属。2017年に広島県安芸高田市地域おこし協力隊として着任。
幼少の頃から大好きだった祖父の家に孫ターン。行政ミッションの傍ら、中村氏の主宰する「地域と生きるゲストハウス開業合宿」に参加。
自宅古民家をDIYリノベーションし民泊スタイルのゲストハウスを運営。3年の任期満了後は、市観光協会の業務の傍ら、協力隊のサポートや、移住者のコーディネートに加え、祖母が仲間たちと30年前に作り始めた万能タレ「青の赤鬼・青鬼」を製造する団体の代表や、集落の有志で設立した会社の社員として、水稲栽培等も行い、「手の届く農ある暮らし」を実現するべく活動中。妻・娘・ 息子・愛猫の5人暮らし。

こんな人におすすめ!
・好きなことをして暮らしたい
・好きなことで小商いをしてみたい
・地域と関わる働き方がしたい
・地方でテレワークしながら,副業で好きなことをしたい
・地方のコミュニティに興味がある
・新しい働き方に興味がある
・理想の暮らしを実現したい
お申し込み こちらからお願いします。

※イベントを通して得た個人情報は、広島県個人情報保護条例に基づき、適切に取り扱うこととし、ご本人の同意がある場合など、個人情報保護条例で定める一定の場合を除き、個人情報の収集目的を超えた利用や相談対応者や共催者以外の第三者に提供その他はいたしません。
お問い合わせ 広島県 地域力創造課
メール:chisouzou@pref.hiroshima.lg.jp
電 話:080-5873-3296(東京直通)
082-513-2581(広島)

同じ都道府県または同じエリアのセミナー

相談窓口のご紹介

【広島県】ひろしま暮らしサポートセンター

詳しくはこちら

ひろしま暮らしサポートセンター